安全・安心へのこだわり


青果卸業者として安全・安心な農産物をご提供することは当たり前のこと。ベジタブルクラブでは、食の安全に真摯に取り組む産地を選定し幅広い協力関係の下、日々安全性の確立に努めています。当社の取引先には、全国規模の大手飲食チェーンや地元の学校の給食センターも含まれます。日本中の皆さまが健やかに生活を送っていただけるよう、安全で良質な野菜やフルーツをお届けすることに、とことんこだわって取り組んでいます。

取組み1:信頼できる産地の選定
国内、海外を問わず、取引するにあたって重視しているのは生産者との強いパートナーシップの確立です。長期的な視点に立ち、品質はもとより、安全の推進に積極的なパートナーとの取引を拡大してきました。最近では、一部商品(国産ブランド青葱等)で自社農場で生産されている農産物を提供する農家・農場との提携も進めております。

取組み2:安全な農薬の使用
農薬はやむ終えない場合に限り、必要最小限の使用のみ認めております。海外の農場においても農薬使用に際しては日本の農薬使用基準を遵守させます。また、植ほう員と呼ばれる農薬指導資格者が個々の生産者に適切な肥料、農薬の使用を指導しています。

取組み3:管理の徹底
輸入野菜については生産、加工、流通すべての過程において現地企業の管理体制がしっかり確立し、適切に運営していることをチェックしております。またGAP(農業生産工程管理手法)認証の取得を積極的に行っており、中国山東省の白ねぎ、青ねぎ産地では2009年に初のグローバルGAP認証を取得いたしました。

取組み4:トレーサビリティー
国産野菜は勿論、輸入野菜・果物についても各圃場の栽培履歴を管理しております。また日本に到着後もすべての商品は分別管理されており、お客様への商品はすべていつどこで生産ものか遡及できるシステムを整えお客様のお問い合わせに敏速に対応いたしております。

ページ上部へ戻る